ホーム > 道具の使い方

大工道具の使い方・手入れ方法

鉋(かんな)

■ 鉋(かんな)の研ぎ入れ順序

鉋(かんな)の研ぎ入れ順序鉋の刃は裏出しをして裏押は金盤当てにして、刃研ぎは水をたらして荒研ぎ、中研ぎ、仕上げ研ぎとなります。

注)グラインダーを使用すると刃物の硬度がもどりますので、刃物の価値がなくなります。

■ かんな台の調整

かんな台は、かんな削りの定規の役目をしますので、つねに正しい状態に調節しておく必要があります。かんな台は樫材で作られており、空気中の水分によって台全体が変形するため、日かげに保存するようにしてください。
また、台の磨耗によって変形を生じます。大まかに次のような2つのケースがあります。

 ⇒ 下端が船底形になると仕上面は中央がくぼむ
 ⇒ 下端が円筒形の一部になっていると、仕上面が波状になる

■ かんな台の手入れ

(ア)横方向を調べる
せんいに対し、横方向の平面をしらべる。(台に直角に見通しながら一直線かどうかを確認します)

(イ)ねじれを調べる
対角線の方向に直定規をあて、中央部に等しいすき間(0.3〜0.5mm)ができているかどうか確認します。

(ウ)方向をしらべる
中央と両端の3点が一直線上にあるかどうかを確認します。

(エ)姿勢をとる
台頭を左に、下端を上にすると共に台直しかんなを軽く持ちます。

(オ)ならす
台直しかんなでせんい方向に直角にならします。つねに波状面にならぬように注意し、らせん状に静かに軽くならします。
定規で調べながら、仕上、中仕上、荒仕上に適した下ばを完成します。

鑿(のみ)

■ のみの刃研ぎ

イ. 裏押は金板または微細な仕上げ砥石等で水平に砥ぎ、刃は裏に対して25度前後の角度に鋭く研ぎます。丸くなると切れ味が悪くなり、またグラインダー等でくぼんだ砥ぎ方をすると刃が折れやすくなります。

ロ. グラインダーで刃を研ぐ場合、焼戻りが生じやすくなるので、水を流しながら研磨することが必要です。
もし、これを怠りますと刃先が黄色または青色に着色し、切れ味が悪くなり、刃物としての価値がなくなりますので、なるべくグラインダーの使用はひかえて下さい。

■ 使い方の注意

打ち込んだのみを引き抜くときは、げんのうでのみの手前の材面を軽くたたきながら抜きとり、決してこじったりしないで下さい。

■ 保存とお手入れ

刃先の鋭利な刃物ですので、刃先を破損しないように十分お気をつけください。刃先だけでもケースに入れておくようにします。
時折さび止めの油を塗っておくことも大切です。